欧州Cセグメントクラスに属しているレクサス「CT」は走りとデザインとどちらとも満足できる一台

CTは2011年から販売されている5ドアハッチバックで、欧州Cセグメントクラスに属しています。車名はCreative Touring vehicleから取っているように、クリエイティブな走り、自分の思うステアリングに忠実に応え、俊敏で走る楽しみを味わうことに重点を置かれています。

レクサス初のプレミアムコンパクト

まずCTで重要なポイントは、レクサスで初めてのプレミアムコンパクトであるということです。全長は4,355mmで幅は1,765mmであり、その分レクサスの中でも車重も軽めなのも嬉しいことで、レクサスに乗ってみたいけどそんなに大きな車は持てないという人にも是非試すことができると思います。コンパクトではありますが、レクサスの統一デザインフィロソフィーであるL-finesseの真髄は通っており、ロングルーフで、重心が低く設計されており、スポーティーさは感じられるエクステリアになっています。

またもう一つレクサスの初めてとして、静かであるハイブリッドカーが接近したことを周囲の歩行者などにしらせる車両接近通報装置を標準装備したことです。その他には、衝撃吸収ボディで高強度キャビンが使われていることで剛性が高められており、8個のSRSエアバッグやむち打ち障害軽減シート、衝突被害の軽減のためのプリクラッシュセーフティシステムなど最先端の安全設備が整っています。

高燃費のハイブリッド

CTの特徴は何と言ってもかなりの低燃費であることです。発売された当時のなかではプレミアムコンパクトとしては非常に優秀な10.15モード走行燃費で34.0km/Lを達成しています。パワートレインは1.8Lアトキンソンサイクルエンジン2ZR-FXE型とモーター3JM型が採用されており、ハイブリッドシステムはリダクションギヤが組み合わされています。このハイブリッドシステムそのものは3代目のプリウスと同じものが使われていますが、6段変速とパドルシフトがCTでは採用されています。プリウスと同じエンジンを使われていることから、特に前プリウスに乗っていたオーナーからはしばしば比較されることがあります。車体がプリウスよりCTの方が重いので重さを感じることや、乗り心地が硬いという声がしばし聞こえますが、CTはラグジュアリー感や高剛性、至れり尽くせりの安全装備とプリウスにはない魅力がたくさんあり、単純に比較できるものではないと思います。

またおすすめしたいのがドライブモードセレクトで、状況に応じてノーマル、スポーツ、エコの3つの走行モードを選ぶことができます。普段ではノーマルやエコで良いですが、高速などスピードを出すシーンではハイブリッドシステムの駆動電圧が500Vから最大で650Vまでアップすることによって、加速性能をさらに引き出しています。走りの点ではもちろんですが、メーター表示がハイブリッドシステムインジケーターに替わりタコメーターが表示されて、照明も青から赤に変わるというテンションも上がる機能付きです。

2017年のマイナーチェンジ

販売開始してから約8年でその期間改良が多々加えられていますが、一番最新の改良は2017年のマイナーチェンジです。そこではエクステリアとインテリア共にデザインの改良が加えられ、安全装備の充実が押し進められています。まずエクステリアではリアコンビランプの光る部分がさらに大きくなり迫力があり、新しいデザインのスピンドルグリルと16インチアルミホイールが付いています。さらに目を惹くフェイスになりました。

インテリアは、まず内装カラーにシャトー・フロマージュ、オーカー・ライトオーカー、サンフレアブラウン・ノーブルブラウン、ダークキャメル・ノーブルブラウンというツートンカラーが登場しました。個人的にはサンフレアブラウン・ノーブルブラウン、ダークキャメル・ノーブルブラウンの2つがおすすめです。落ち着いた中に洒落っ気が垣間見えます。また迫力のある操作パネルはそのままにオーナメントパネルにサンフレアブラウンと、本アルミ、バンブーを新たに加えられ全8色になりさらに自分好みのCTに仕上げられるようになっています。

安全装備の面では、Lexus Safety System+が標準装備されています。レクサスを語る上で欠かせないLexus Safety System+ですが、改めて紹介すると車両への追突、歩行者、走路逸脱、出会い頭という4大事故形態の予防を狙った機能のことで、具体的に言うとプリクラッシュセーフティシステム(衝突回避支援)、レーンディパーチャーアラート・キーピングアシスト、オートマチック・アダプティブハイビームシステム、レーダークルーズコントロールの4つです。このシステムそのものは2015年から登場しているもので新しい機能ですが、レクサスがこだわりをもつ内の一つである交通事故死傷者ゼロを具現化させるための装備であり、予防安全性能評価で最高ランクのASV++を獲得していることから期待できるシステムです。もちろんこのLexus Safety System+はとても強力な運転のお供ではありますが、2018年にLexus Safety System+Aという新たな予防安全パッケージが登場し、今後はこの+AがCTに標準装備される日もそう遠くないかもしれません。

ちなみに改良ではないですが、2018年に特別仕様車のBlack Sequenceが登場しています。レクサスの国内累計販売台数が500,000台を突破したことを記念した特別仕様車です。サスペンションはF SPORTと同じ専用スポーツチューニングが加えられており、エクステリアではまずホイールに専用のブラック塗装とブラックナットが施されており、タイヤそのものも一般のCTではメーカーオプション設定となっている215/45R17タイヤが一般装備となっています。エクステリアと走りの性能と共に満足できるものとなっています。さらに安全面ではドアミラーが広角になりリバース連動チルドダウン、自動防眩、メモリー・ヒーターが付属されているオート電動格納式になったことで、使いやすくなり後方確認がしやすくなりました。ボディカラーもBlack Sequence専用のツートン仕様になっている3色と、インテリアカラーは専用カラーでブラック/ダークローズレッドステッチと、ブラック/ブルー・ブルーステッチと、ブラック/ホワイト・ホワイトステッチの3色が用意されており、とことんスペシャル感を味わえる車となっています。

5人乗りではありますが…

一応5人乗りとされていますが、後部座席は狭いです。同じようなクラスのハッチバックの中で突出して狭いわけではないのですが、乗ることはできるというレベルで普段使いや長距離で4、5人乗りというのはしんどいと思われます。そのためファミリーには正直適さない部分があり、夫婦のみや独身の方にゆったりと乗るのに向いています。多くの人を乗せるのには向いていませんが、ドライバーだけではなく助手席の乗り心地は最高であり、それ以外で普段使いという面では悪い部分はないと思います。静粛性も非常に高く、ハイブリッドの燃費はかなり良いです。もちろんレクサスにもファミリーに向いているモデルもありますが、CTに関して言うと乗る楽しみ、所有する喜びを求める人のための一台だと言えるでしょう。

まとめ

走りとデザインとどちらとも満足できる上に、安全面も考えられており、程よくバランスが取れている一台だと思います。低燃費車やコンパクトハッチバックを探している方には是非おすすめしたいモデルです。レクサスの中での立ち位置としては、良し悪しはもちろんあるのですが、なんといってもこのサイズ感でこのような機能を持ち合わせている車というと重要な存在です。

[ライター/A. Oku]