レクサスのリセールは価格どうなの?セダンとSUVだと状況が真逆な状況は市場の影響もある

レクサスLCイメージ

レクサスは、最高級ブランドであり、セダンはもちろんSUVやスポーツカーにいたるまで、卓越した走行性能と日本製高級車特有の豪華なエクステリアやインテリアを装備し、世界中で人気となっている車種です。この記事では、レクサスの各モデルのリセールや高くリセールできるモデルについてご紹介します。

レクサスであってもリセールが低めなセダン

セダン不況と言われ、国産車はもとより、新車販売において一世を風靡したベンツやBMWのような高級輸入車も含めたプレミアムセダンも、最近は販売台数が軒並みダウンしており、下取り、買取市場での買取価格も値下がりが続き、リセールが難しい車となっています。

それら輸入プレミアムセダンに比べて、レクサスブランドのセダンは、高めといえるのリセール価格を維持しています。日本においてレクサスというブランドは特殊であり、国産車という安心感があるうえで、輸入車に匹敵するプレミアム感もあり、憧れがあるブランドとして中古車でも高い人苦るからだと思われます。

しかし、これはセダンの中ではということであり、全体的にはリセール率が高いわけではなく、依然と比べると下がっていることに変わりはありません。セダンの中で人気があるLSやISは残価率が高いのですが、新しいモデルが登場したり大幅な改良がおこなわれると、急激に下がる事があり、低年式車はより厳しい状況になります。

参考:レクサス買取専門ページ!

レクサスのセダンとSUVの人気とリセール率

ここでレクサスの中でも人気とリセール率が真逆のセダンとSUVの状況を見てみましょう。

レクサスのセダン各車のリセール率

LS

大きなボディと大排気量で人気のあった高級セダンが不人気の中でも、レクサスLSだけは別格で比較的値落ち幅は小さくなっていますが、一時期人気のあった低年式車はかなり厳しくなります。安全装備や運転支援システムが必須となった現在、それらのない車種はプレミアムセダンとしての魅力がなくなっているという状況があります。

IS

走りの良さから、走行距離が伸びる傾向があるものの、値落ち幅は少な目で、特にハイブリッドモデルのIS300hやハイパフォーマンスバージョンのFスポーツは人気が高く、平均以上の価格をキープしています。

GS

LSに比べてボディも小振りで使いやすく、それでいて大パワーエンジンを搭載するというわかりやすいスポーツセダンとして値強い人気のあるGSですが、その人気もGS FやFスポーツに偏っており、標準モデルのリセール率SUVは一般のセダン同様に低くなっています。

ES

LSに代わってレクサスセダンの主力モデルになりつつあるESも、新車販売においてはSUV人気の陰で台数が伸びていませんが、その分中古車市場では玉不足となっていて、セダンが不人気の中では注目されるリセール率となっています。

レクサスもリセール率が高いのはやはりSUV

レクサスの中でも残価率が高いのは、SUVのLX、RX、NXそしてもっとも新しいUXです。SUVは世界的に人気が高くブームとなっていて、プレミアム感のあるレクサス製のSUVの人気は特に高額となっています。

レクサスのSUV各車のリセール率

LX

姉妹車のトヨタランドクルーザーが、リセール番長といわれるくらい高い残価率を誇るので、それ以上と言いたいところですが、販売価格が高いために高年式車は値落ち幅は大きめです。しかし
それ以降はランドクルーザー同様で「強い」リセール価格を維持しています。

RX

都会派高級ラグジュアリーSUVとして人気のあるRXの中でも、マイナーチェンジ後の初代モデルや2代目のターボモデルを中心に高いリセール率を誇っています。

NX

レクサスのSUVラインナップをけん引する人気絶好調のNXはリセール率も高く、特に2.5Lハイブリッドの300hは中古車市場でもターボ車を上回る人気のため供給が間に合わないほどです。
特に、2017年のマイナーチェンジ以降のモデルは、安全装備が充実しているのでリセール率も高くなります。

UX

コンパクトSUVブームの先頭を走るUXは、今もっともリセール率の高い車種と言えます。ターボ車、ハイブリッド車ともに差がなく、まだ市場に出回る台数が少ないこともあって買取市場でも引っ張りだこの状況となっています。

リセール率が高いレクサスの条件

リセールバリューの高いレクサスは、SUVであるという事以外にも、どんな車種にでも共通の条件があります。

人気のあるメーカーオプションはサンルーフ

レクサス車はメーカーオプションでサンルーフをつけることができる車種が多くあります。新車購入時には費用の問題で最初に諦めてしまうオプションのサンルーフは、売却するときや中古車で販売するときに非常に目立ってわかりやすく、だれでもほしいと思う装備なのでリセール率も高くなります。

ボディカラーは白か黒

ボディーカラーはホワイト系に人気が集中します。好き嫌いがなく売りやすいということもありますが、レクサス車全体がホワイト系の似合うデザインであることが影響しています。ただし、スポーツモデルではホワイト系に負けないほどブラック系の需要が多く、リセール率も高くなります。

パワーユニットはターボ

これまではハイブリッドの人気が高かったのですが、コンパクトカーを中心に、ガソリンターボ車の方がリセール率が高くなっています。ただし、LSなどの大型車は依然としてハイブリッドの方が高くなります。

狙いはFスポーツグレード

レクサスにはほとんどの車種に、全モデル共通仕様の「Fスポーツ」グレードが設定されており、
各車ともに人気グレードとなっています。やりすぎないスポーツ感なので中古車でも売りやすく、、リセール率も高いげれーどとなっています。

レクサス車を売却する時の注意点とは?

車イメージ画像

車の売却方法として下取りと買取という方法がありますが、レクサス車の売却を検討している方はディーラー下取りは避けた方が良いでしょう。

下取りはそのシステムやビジネスモデルが買取専門店と根本的に異なるため、買取相場より低い価格となる場合が多くなります。特にレクサス車は通常の国産車というよりも外車(輸入車)と同様に評価されるため、買取専門店の方が高く買い取ることが出来ます。

売る方法以外には、フルモデルチェンジや大幅な改良前に売ることも高く売る方法となります。旧モデルの価格は極端に下がり、新型の人気が高ければ高いほどその差は大きくなります。

まとめ

レクサスは国産車でありながら、BMWやベンツと同格のプレミアム感あふれる特別なブランドです。そのため特殊な存在ではありますが、セダンの不況やSUV人気と言った市場の変化にはさらされており、その影響を受けています。

これからレクサスを購入する人や、現在所有している人はリセール率の変化に敏感になる必要があるでしょう。

[ライター/田中秀雄 画像/写真AC]